FutureWalk


ホーム > ブログ

理工学部への進学

医師になった僕が数学で統計しか役に立たないと書きましたが、理工系では数学の知識はかなり必要です。詳しくはFuture Walkにご相談ください。

四則演算

小学校で習う四則演算は社会に出てからも大切です。小学生にミニマムエッセンスが詰まった問題をご用意しました。無駄の多い中学入試の問題は置いといて、FutureWalkの問題を解いてみませんか?お問い合わせお待ちしております。

親と同じことをさせる?

よく子育てで親のよくわかっている、親と同じ職業に就かせようとすることになりがちです。
親の価値観や影響力は大きいですが、子供の自我を尊重し、自我同一性の形成を促すのが本来であると思います。
こういう理念にたって、Future Walkを利用して頂ければ、さいわいです。

現在の料金体系

平成28年11月現在の料金体系は年間24万円~60万円です。2012年の設立当初よりはお安くなっています。Skypeで全国の地域の方に教えます。

数学の大学院レベルの知識、政治経済の知識、物理化学、生化学の知識に長けています。Future Walkの教育の実際は過去のブログの教育相談や数学オリンピック、政治経済のセンター試験対策の記事を参照してください。

教育モニター第1弾

教育モニターとして大学の看護学生を10/17限定でスカイプで医学を教えました。
看護スタッフのリーダーになれるように願っています。

教育モニターを募集

小学校1年生から大学4年生までモニターを募集します。
期間は限定的ですが、宜しくお願いいたします。

ノーベル物理学賞

トポロジーとは大学で習う位相幾何です。
その微分形式は2変数なので、数学科の最後で習います。
トポロジーの演習ができたら大学の数学課程は卒業です。

アマゾンの創業者凄いですね。ノーベル物理学賞より憧れます。

教育ベンチャーとして

教育ベンチャー企業としてなにをすべきか、なにをできるかを考えています。

答えははっきりしています。現在精神医学の概念で発達論や精神医学的な臨床経験からくる常識でどうあるべきかはみえてきます。

近年、予防医学的な観点から、統合失調症やうつ病や発達障害スペクトラムを予防しようという動きがあります。

現在の大学入試制度下では大学に合格することが目標になりがちです。それは致し方ないと思います。大学入試制度が変わったら、変わってくるのかなと思います。
現在の大学入試制度下の大学入試対策は既存の塾、予備校で十分にできるので、Future Walkがさらに提供できることを提供していこうと考えています。教育ベンチャー企業としてどうあるべきかを考えています。

学習指導している施設はたくさんあふれています。それでもFuture Walkは学習指導をやめるわけではありません。

Future Walkは現時点では、有料サイトによる教育相談や家庭教師といった形をとっていますが、将来的には色々企画しています。
興味をもたれた方は是非Future Walkをご利用、お問い合わせください。

成功報酬の中小企業支援事業

当社は中小企業支援に取り組んでいます。

企画考案・制作を成功報酬で承っています。成功報酬でなく、前払いなら1回10万円です。
中小企業支援実績あります。お問い合わせください。

教育ICT

教育ICTのインフラ導入が盛んになっています。
当社の導入を検討しましたが、教材がそんなに優秀でもなかろうと考えて導入は見送っています。

わかりやすい教材を共有できるのは魅力ですが、例えばNTTの提供する教材で理想的な教育を行えるかどうかは疑問です。
教材だけでなく、教える人も問題だろうと考えています。

当社の方針としては、家庭教師を中心に質の高い教育を提供していこうということになりました。
教育ICTが普及するのはまだまだ先かもしれません。